こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「新規就農支援研修生の市場研修」を実施

  平成28年10月27日、今年度の新規就農支援研修生(社会人研修生)を対象に、市場研修を実施しました。この研修は、農産物流通の知識向上を図るため、実際に市場を訪問して、求められる農産物とは何か、経営者として顧客のニーズに応えるために何が必要か等を学ぶために実施したもので、研修生18名が参加しました。
 今年度は、株式会社丸勘山形青果市場を訪問し、職員から青果流通のシステム・量販店のニーズ・消費者ニーズ等について説明を受けた後、実際に山形青果に生産物を出荷している中玉トマトとイチゴの生産者の圃場を視察しました。
 参加者は、実際に市場内を視察しながら、職員に価格決定の仕組みや求められる量目・パッケージ等について熱心に質問していました。また、中玉トマト生産者の圃場では、市場との契約出荷による価格安定の仕組みに高い関心を示していました。
 本校では、毎年この市場研修を実施し、新規就農者が市場ニーズに的確に対応して農業経営に取り組めるよう、継続して支援を行っています。


市場内の視察
市場内の視察

中玉トマトハウスの視察
中玉トマトハウスの視察


発信者/佐藤眞一

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 10月 31日

関連情報

12月12日
農業情報12月号を公開しました!【農技環境課】
12月12日
山形県の甘柿の適応性【園芸試験場】
12月12日
新たな米加工利用技術の開発【農研センター】
12月12日
農産加工品の「顧客づくり」を学ぶ研修会を開催【酒田普及課】
12月12日
ストック栽培研修会を開催【西村山普及課】

ページの先頭へ