こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


技能五輪全国大会に出場

 平成28年10月21日~24日に開催された第54回技能五輪全国大会に、花き経営学科2年生1名が、フラワー装飾職種の県代表選手として出場しました。
 競技は、10月22日、61名の選手(うち県5名)が参加し、山辺町民総合体育館で行われました。スケッチ3点及び花束、ブライダルブーケ&ブートニア、テーブルデコレーションを5時間かけて制作しました。同じ花材と資材が提供されますが、選手たちは、それぞれのデザインに合わせて、自由に材料を使用します。
 学生は、ばらをメインにした花束、ひまわりとりんどうによる黄色と青色の鮮やかなブーケ、課題「里の秋」に合わせてきくとりんどうを使い、吊り橋をイメージしたテーブルデコレーションを作り上げました。
 審査の結果、入賞はできませんでしたが、今大会に向けて、県内選手による合同練習会への参加、県内有数のフラワーデザイナーから指導を受けることができ、フラワー装飾技術の向上、今後の進路に活かせる経験ができたようです。
 農林大学校では、花き経営学科の授業「フラワー装飾」での基本技術の指導や、国家資格である「フラワー装飾技能検定」の受験指導などにより、今後も学生の全国大会出場を支援します。


技能五輪全国大会でテーブルデコレーションを制作中
技能五輪全国大会でテーブルデコレーションを制作中

県内選手による合同練習会に参加
県内選手による合同練習会に参加


発信者/植松優子

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 10月 31日

関連情報

8月9日
農業情報8月号を掲載しました【農技環境課】
8月9日
7月新盆出荷向けリンドウの新作型開発【園芸試験場】
8月9日
リモートセンシング技術を用いた水稲の生育診断【農研センター】
8月9日
直売活動の活性化支援「農産物直売所向け野菜出荷拡大研修会」を開催【西置賜普及課】
8月9日
百聞は一見にしかず!聞いて、見て、食べて、農産加工実践者の取り組みを学ぶ【村山普及課】

ページの先頭へ