こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


【担い手づくり】農林大学校で校内意見発表会を開催

  平成28年10月20日(木)に、農林大学校緑風館で「校内意見発表会」を行いました。これは、各学科、各学年から選抜された代表者14名が、全学生と指導職員を前に、自分が思い描く農林業の未来の姿や、将来自分がやりたいことなどについて、各自の意見を発表し、表彰するものです。
 授業や研修での体験から将来の農業経営を発表する学生や、地域農業の未来を見据え、就農後に自分がやりたい農業の姿を発表する学生のほか、近年盛んなインターネットでの動画を使った農業の発信といった学生らしい若い発想の意見も見られました。
 発表者以外の学生にとっても、他の学生の考えや意見、将来の展望などを聞く良い機会となりました。
 審査の結果、優秀賞として各学年3名ずつの計6名、優良賞として8名が表彰されました。優秀賞の受賞者は、来年1月に福島県で行われる東日本農業大学校等プロジェクト発表会・交換大会の代表候補者となります。


学生の発表の様子
学生の発表の様子

堂々と発表しました
堂々と発表しました


発信者/鴨田一作

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 10月 31日

関連情報

6月13日
農業情報6月号を掲載しました【農技環境課】
6月13日
水稲新品種「雪若丸」の大区画直播実証試験【農研センター】
6月13日
国内初!株式会社黒澤ファームJGAP精米部門認証取得【置賜普及課】
6月13日
耕畜連携による子実用とうもろこし自給実証の活動開始【西置賜普及課】
6月13日
セルリー温湯消毒実施で斑点病を回避し品質向上を目指す【村山普及課】

ページの先頭へ