こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


酒米研究会合同研修会を開催

 平成28年8月25日にJA山形おきたま管内の酒米研究会の合同研修会を開催しました。当課では酒米の生産者を中心に声がけを行い、米沢、南陽、川西、高畠の4つの研究会から総勢50名が研修会へ参加しました。
 研修会では山形県酒造組合の小関特別顧問から、日本酒の現状や、優良酒米の評価基準、そして吟醸王国山形となるまでの研究機関と酒蔵の連携等についてエピソードを交えながら講演していただき、生産者は一つひとつの話に熱心に聞き入っていました。
 その後、南陽酒米研究会の大吟醸酒向け新品種の「雪女神」と、川西酒米研究会の「出羽燦々」、「美山錦」の圃場視察を行いました。待望の大吟醸酒向けの山形オリジナル品種「雪女神」の圃場では、当課の職員が品種特性と生育概要の説明を行いました。参加者からは多数の期待の声があがりました。
 合同研修会は3回目の開催でしたが、酒米生産に対する熱意や盛り上がりが年々増しています。今後も当課では、酒蔵と酒米研究会の結びつきがより深まり、地域ブランド酒の評価が高まるよう、良質酒米生産に向けた支援を行っていきます。


「雪女神」の圃場視察の様子
「雪女神」の圃場視察の様子

小関特別顧問による講演
小関特別顧問による講演


発信者/小形 恵美

問合せ先/0238-57-3411

更新日/2016年 8月 30日

関連情報

10月11日
農業総合情報10月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
10月11日
「シャインマスカット」の長期貯蔵技術と輸出実証【園芸試験場】
10月11日
すいかの爽やかな風味・シャリ感を活かした加工品開発【農研センター】
10月11日
加工品の魅力を効果的に伝える「FCPシート作成セミナー」を開催【村山普及課】
10月11日
耕畜連携による稲WCSの安定生産を目指して【最上普及課】

ページの先頭へ