こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


モッツァレラチーズ試食会の開催

  本校では、平成24年度からモッツァレラチーズの試作検討を重ねてきましたが、この度、一定の製品が製造可能となったため、平成28年8月12日(金)農大市場開催時に、初めての農林大学校産モッツァレラチーズの試食会を開催しました。
 試食には、モッツァレラチーズの他に、野菜経営学科の学生が作ったトマトとバジルを使った「カプレーゼ」を畜産経営学科の1年生が試作し、農大市場来訪者123名に試食とアンケートを実施しました。
 アンケート結果では、男女比ほぼ同数で、年齢構成も10歳代~70歳代まで幅広く分布した中で、86%の方に「美味しい」もしくは「やや美味しい」という評価をいただきました。また、74%の方が「購入したい」という結果となり、100g当たり350円程度が妥当な価格との評価をいただきました。
 参加者からは「チーズは得意でないが食べやすかった」や「ぜひ商品化してほしい」などの貴重なご意見をいただきました。
 この結果を踏まえ、製造技術や食味のさらなる向上を目指し、農林大学校産モッツァレラチーズの取組みを推進していきます。
 なお、今年度は、畜産経営学科と農産加工経営学科によるチーズ製造実習の開催や、一般農業者を対象にした研修会を開催いたします。


試食会の様子
試食会の様子

試作したカプレーゼ
試作したカプレーゼ


発信者/秋場宏之

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 8月 30日

関連情報

5月16日
農業総合情報5月号を公開しました!【農技環境課】
5月10日
農業法人と農林大学校生との就職相談会【農林大学校】
5月2日
農作業事故ゼロを目指して「最上地域の農作業事故防止キャラバン出発式」を開催【最上普及課】
5月1日
「てっぽう町青空市場」オープン!~消費者と生産者が共生できる地域づくりを目指して~【村山普及課】
5月1日
濃厚飼料自給を目指し飼料用子実とうもろこし栽培実証合同検討会開催【庄内普及課】

ページの先頭へ