こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


モッツァレラチーズ試食会の開催

  本校では、平成24年度からモッツァレラチーズの試作検討を重ねてきましたが、この度、一定の製品が製造可能となったため、平成28年8月12日(金)農大市場開催時に、初めての農林大学校産モッツァレラチーズの試食会を開催しました。
 試食には、モッツァレラチーズの他に、野菜経営学科の学生が作ったトマトとバジルを使った「カプレーゼ」を畜産経営学科の1年生が試作し、農大市場来訪者123名に試食とアンケートを実施しました。
 アンケート結果では、男女比ほぼ同数で、年齢構成も10歳代~70歳代まで幅広く分布した中で、86%の方に「美味しい」もしくは「やや美味しい」という評価をいただきました。また、74%の方が「購入したい」という結果となり、100g当たり350円程度が妥当な価格との評価をいただきました。
 参加者からは「チーズは得意でないが食べやすかった」や「ぜひ商品化してほしい」などの貴重なご意見をいただきました。
 この結果を踏まえ、製造技術や食味のさらなる向上を目指し、農林大学校産モッツァレラチーズの取組みを推進していきます。
 なお、今年度は、畜産経営学科と農産加工経営学科によるチーズ製造実習の開催や、一般農業者を対象にした研修会を開催いたします。


試食会の様子
試食会の様子

試作したカプレーゼ
試作したカプレーゼ


発信者/秋場宏之

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 8月 30日

関連情報

10月11日
農業総合情報10月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
10月11日
「シャインマスカット」の長期貯蔵技術と輸出実証【園芸試験場】
10月11日
すいかの爽やかな風味・シャリ感を活かした加工品開発【農研センター】
10月11日
加工品の魅力を効果的に伝える「FCPシート作成セミナー」を開催【村山普及課】
10月11日
耕畜連携による稲WCSの安定生産を目指して【最上普及課】

ページの先頭へ