こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


新規就農者等研修交流会の開催

 平成28年7月12日、新規就農者の定着を図ることを目的として、東南置賜農業士会、米沢市との共催で「新規就農者等研修交流会」を開催しました。
 新規就農者等が、地域内の農業士の経営を見聞し、技術・経営面でのアドバイスを得ることで、良き指導者、相談相手となる農業士との関係を築く機会とすることを狙いとしています。
 新規就農者と研修中の就農予定者10人が参加し、現地研修では、マイクロバスで米沢市上新田の直売所と圃場、高畠町露藤のきゅうり栽培圃場、南陽市砂塚のりんご園地を視察し、指導農業士や青年農業士から経営の概要などを聞きました。その後の情報交換・相談会では、経営概要や経営上の課題、経営開始に向けた課題等について情報交換し、農業士からアドバイスを受けました。
 農地や住居の確保を課題としている新規参入者が多く、農業士からは、地区内でも空き家が多くなっていること、営農を継続できない果樹園も増えてきたことなどの情報提供があり、市や町の農業委員会、近くの農業士などに相談するよう助言がありました。
 当課では、各地区で新規就農者の定着を支援していけるよう、このような研修会や新規就農者の相談活動を通して農業士と新規就農者のネットワークづくりを支援しています。



農業士の管理する圃場を熱心に観察する新規就農者
農業士の管理する圃場を熱心に観察する新規就農者

農業士を交えての情報交換・相談会
農業士を交えての情報交換・相談会


発信者/樋渡 和宏

問合せ先/0238-57-3411

更新日/2016年 8月 1日

関連情報

12月12日
農業情報12月号を公開しました!【農技環境課】
12月12日
山形県の甘柿の適応性【園芸試験場】
12月12日
新たな米加工利用技術の開発【農研センター】
12月12日
農産加工品の「顧客づくり」を学ぶ研修会を開催【酒田普及課】
12月12日
ストック栽培研修会を開催【西村山普及課】

ページの先頭へ