こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


最上伝承野菜「勘次郎きゅうり」情報交換会

  当校野菜経営学科では、従来から地域協働研究として、「希少伝統野菜の系統維持・増殖と生産拡大プロジェクト」に取り組んでおり、現在は鮭川村の「石名坂かぶ」、新庄市の「畑なす」、そして真室川町の「勘次郎きゅうり」を取り上げ、系統選抜や栽培技術の改善に取り組んでいます。
 「勘次郎きゅうり」については、現地生産者から当校に栽培技術の改善に関する支援要請があり、平成26年に現地調査を実施し、平成27年からは卒業論文研究課題として継続的に取り組んでいます。「勘次郎きゅうり」は葉が傷みやすく病害に弱いことから、夏秋期に安定生産することが難しく、これを改善するために、定植時期、栽植密度、整枝方法について検討しています。
 卒論計画の内容、出荷規格の確認等については、これまでも現地生産者と情報交換を行いながら進めてきましたが、今回は生産者の方々が来校し、当校の圃場で栽培状況を見ながら情報交換を行いました。
 卒論研究を担当している学生から、試験操作や栽培管理の実施状況、今後の見通しについて説明した後、生産者と学生の間で質疑を行いました。この中で、今年は干ばつ傾向だった昨年よりも病害が多いことや、そのための防除の方法、摘葉や整枝による病害の軽減や収量への影響、接ぎ木による果実品質の違い等、具体的な情報交換、議論が行われました。これらの内容は、卒論研究を今後展開させるため大いに参考となり、また、互いの栽培技術向上につながるとも期待されました。
 当学科では今後も現地調査や情報交換会を行いながら、現場生産者との連携を密にし、「勘次郎きゅうり」栽培技術の改善に取り組んでいきます。


情報交換の様子
情報交換の様子

きゅうりを見ながら尽きない議論
きゅうりを見ながら尽きない議論


発信者/森和也

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 8月 1日

関連情報

3月1日
耕作放棄地を農地に再生し、世界のマーケットへ!初収穫した「啓翁桜」をロシアへ輸出【酒田普及課】
3月1日
つや姫栽培技術研修会を開催!【酒田普及課】
3月1日
エコファーマー認定説明会を開催【酒田普及課】
3月1日
園芸産地における担い手育成をねらい研修会を開催【村山普及課】
3月1日
天童市でりんごの商品化率向上に向け病害対策を研修【村山普及課】

ページの先頭へ