こんにちは、ゲストさん

ホーム >安全農産物生産 >


「農薬」の使用による「みつばち」への被害を防ぎましょう

これから水稲の開花期(出穂期)を迎えます。「農薬の使用者」と「養蜂家」がお互いに連携をとりながら、農薬の使用による「みつばち」への被害を防止しましょう。

1.農薬使用者のみなさまへ
●農薬の使用にあたっては、近隣のみつばち飼育の有無を確認しましょう。
※みつばち飼育の情報は、山形県農林水産部畜産振興課または各総合支庁農業振興課にお問い合わせください。

●みつばち飼育者に対して、農薬散布の情報(散布時期、散布時間帯、薬剤の種類・名称など)を事前に提供しましょう。

●使用農薬の「みつばち」に関する注意事項を確認し、記載事項を遵守しましょう。

2.養蜂家のみなさまへ
●飼育箱の設置場所周辺における農薬の使用について、情報を積極的に入手しましょう。
※地域における病害虫防除計画やほ場主等の情報は、最寄りのJA、市町村等にお問い合わせください。


お問い合わせは
●みつばちに関すること:山形県農林水産部畜産振興課(023-630-2435)
村山総合支庁農業振興課(023-621-8382)
最上総合支庁農業振興課(0233-29-1318)
置賜総合支庁農業振興課(0238-26-6053)
庄内総合支庁農業振興課(0235-66-5507)

●農薬、防除に関すること(023-630-3419)

「農薬」の使用による「みつばち」への被害を防ぎましょう


更新日/2016年 7月 4日

関連情報

5月26日
当面の技術対策(平成29年6月)【農技環境課】
4月21日
当面の技術対策(平成29年5月)【農技環境課】
4月20日
「農薬」による「みつばち」への危害を防ぎましょう【農技環境課】
3月23日
当面の技術対策(平成29年4月)【農技環境課】
2月24日
当面の技術対策(平成29年3月)【農技環境課】

ページの先頭へ