こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


吾妻山ろく放牧場の入牧が始まりました

 平成28年5月25日(水)に「吾妻山ろく放牧場」の放牧が始まりました。
 安全祈願祭、健康確認終了後、牛は緑の草原に放牧されました。当日は、米沢市内の農家で飼育される黒毛和種の繁殖雌牛121頭が入牧しました。今後も徐々に増え、最終的には200頭の牛が放牧される予定です。
 上昇を続けていた配合飼料価格も今は一段落していますが、依然として高い水準にあります。放牧場を活用することにより、飼料費を削減できることに加え、広い牧場を走り回ることで足腰の強い健康な牛に育つことや、夏山冬里方式により夏場の作物との労力競合が回避できるなど、放牧には多くのメリットがあります。
 当課では、毎月の健康検査や放牧草地管理等の技術指導を通じて、米沢牛の産地を支えられるよう支援していきます。


放牧された牛
放牧された牛


発信者/置賜総合支庁農業技術普及課 伊藤修平

問合せ先/0238-57-3411

更新日/2016年 5月 30日

関連情報

4月12日
農業情報4月号を公開しました!【農技環境課】
4月10日
加工業務用えだまめ栽培の単収向上を目指して【庄内普及課】
4月4日
西置賜農業士会冬期研修会を開催【西置賜普及課】
3月30日
「林業経営学科」学生向けの「合同会社説明会」を初開催【農林大学校】
3月30日
集落営農法人による果樹生産や担い手育成の可能性を探る視察研修を実施【村山普及課】

ページの先頭へ