こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


平成28年度「働きながら学ぶ農業入門講座」がスタート

 平成28年4月11日、東根市職業訓練センターにおいて、「働きながら学ぶ農業入門講座」を開講しました。
 本講座は、他産業に従事しながら将来就農を目指す方や、就農後間もない方を対象とした夜間講座で、平成19年の初開催から今年でちょうど10年目を迎えます。当初は果樹コースのみでしたが、現在は稲作・果樹・野菜の3コースがあり、今年度はいずれも座学5回、現地研修1回の開催を予定しています。第1回となる今回は受講生計74名が出席し、最初に3コース合同の開講式を行ったのち、各コースに分かれて2時間の講義を行いました。
 講師は、県の農業技術職員OBが務めています。各コースとも受講生は真剣に講義を聴き、それぞれの栽培上のポイントについて理解を深めていました。
 農林大学校では、本県農業を支える幅広い人材を育成すべく、就農準備段階の方達を対象とした本講座をはじめ、経営発展段階までの幅広い研修を行っています。
 

果樹入門コースでは、実物の枝も使いながら果樹の特性等を説明
果樹入門コースでは、実物の枝も使いながら果樹の特性等を説明

野菜入門コースでは、栽培の基本となる施肥について説明
野菜入門コースでは、栽培の基本となる施肥について説明


発信者/黒坂美穂

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 4月 27日

関連情報

10月11日
農業総合情報10月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
10月11日
「シャインマスカット」の長期貯蔵技術と輸出実証【園芸試験場】
10月11日
すいかの爽やかな風味・シャリ感を活かした加工品開発【農研センター】
10月11日
加工品の魅力を効果的に伝える「FCPシート作成セミナー」を開催【村山普及課】
10月11日
耕畜連携による稲WCSの安定生産を目指して【最上普及課】

ページの先頭へ