こんにちは、ゲストさん

ホーム >農村資源活用 >起業のための各種マニュアル >


「直売所のための食品表示ハンドブック」

『直売所のための食品表示ハンドブック』が新しくなりました!

食品を販売する場合には「表示」が必要です。
表示しなければならない事項は、食品の種類等によって異なります。
食品を製造・加工・販売・輸入する事業者は、食品についての情報を正しく消費者へ伝えるため、適正な表示をおこなうことが求められています。

これまで複数の法律において、食品の表示義務が規定されてきました。
そして平成27年4月に、食品衛生法、JAS法、健康増進法の食品表示に関する規定が統合された食品表示法が施行となり、食品表示基準に基づく新しい食品表示制度がスタートしました。

このハンドブックは、初めて食品の表示をおこなう方に必要な事項について、新しいルールに基づく表示の方法をわかりやすくまとめています。また、農産物直売所で取り扱う食品を中心に表示例を掲載しています。

適正な表示について理解を深め、事業者として責任を持って適切な表示を行うためにご活用ください。







直売所のための食品表示ハンドブック

更新日/2019年 6月 28日

関連情報

11月11日
食中毒に関すること【食品安全衛生課】
10月6日
食品表示に関すること【食品安全衛生課】
2月3日
食品関連事業者のみなさまへ【食品安全衛生課】
3月22日
食品営業を営むには【食品安全衛生課】
3月31日
(リニューアル版)食品加工相談窓口ガイド 〜食品加工をはじめる農家の皆さんへ〜【生産技術課】

ページの先頭へ