こんにちは、ゲストさん

ホーム >果樹 >さくらんぼ生育情報 >


さくらんぼ生育情報(7月4日現在)

山形県内のさくらんぼの生育状況や管理作業等の状況です。どうぞご覧下さい。

【生育状況】(7月4日現在)
 ・「佐藤錦」の出荷は遅場産地を除き、ほぼ終了しました。
 ・現在は、「紅秀峰」、「紅てまり」、「大将錦」など晩生品種の収穫期となっています。これらの品種は大玉で食べ応えがあり、糖度が高く食味良好です。
 ・「紅秀峰」の果実の横径は27~28mm程度(500円玉ぐらいの大きさ)程度となっています。

【令和元年度 山形県さくらんぼ「紅秀峰」品評会が開催されました】
 ・令和元年度 山形県さくらんぼ「紅秀峰」品評会が7月1日に霞城セントラルで開催され、県内のさくらんぼ主産地から合計45点の出品がありました。
 ・出品されたいずれのさくらんぼも、色、ツヤなど申し分のない出来栄えで、最も糖度が高いものでは29度もあり、濃厚な食味に仕上がっています。

【「やまがた紅王」研修会を開催しました】
 ・7月1日に、大玉新品種「やまがた紅王」の生産者向け研修会をJAてんどうで開催しました。研修会には、「やまがた紅王」を既に植栽している登録生産者や今後植栽を予定している生産者約100名が参加し、品種特性や生産者登録制度について研修を行うとともに果実の試食も行いました。同様の研修会は、今回のほか、県内7か所で開催される予定です。


「紅秀峰」の出荷も後半となってきています(7月3日  園芸試験場)
「紅秀峰」の出荷も後半となってきています(7月3日  園芸試験場)

令和元年度 山形県さくらんぼ「紅秀峰」品評会が開催されました(7月1日  霞城セントラル)
令和元年度 山形県さくらんぼ「紅秀峰」品評会が開催されました(7月1日  霞城セントラル)

さくらんぼ「紅秀峰」品評会 最優秀賞(7月1日  霞城セントラル)
さくらんぼ「紅秀峰」品評会 最優秀賞(7月1日  霞城セントラル)

「やまがた紅王」研修会が開催されました(7月1日 JAてんどう)
「やまがた紅王」研修会が開催されました(7月1日 JAてんどう)


発信者/山形さくらんぼブランド力強化推進協議会(園芸農業推進課)

問合せ先/023-630-2319

更新日/2019年 7月 5日

関連情報

5月8日
さくらんぼの開花情報【園芸推進課】
6月15日
さくらんぼ大玉新品種「山形C12号」名称募集中!!【園芸推進課】
5月30日
さくらんぼ生育情報【園芸推進課】
7月5日
さくらんぼ生育情報(バックナンバーはこちら!)【園芸農業推進課】
5月26日
平成28年産さくらんぼ作柄調査結果について【園芸推進課】

ページの先頭へ