こんにちは、ゲストさん

ホーム >果樹 >果樹「生育状況と技術対策」 >


平成27年度果樹の生態調査(園試12/4現在)

山形県農業総合研究センター園芸試験場<寒河江市>の平成27年度果樹の生態調査の結果です。


○セイヨウナシ
「シルバーベル」は10月22日収穫盛期となりました。
平年より9日早く、前年より5日早い状況です。


園芸試験場においてはすべての樹種で収穫が終了しています。

H27年の生態調査は今回で終了となります。
今年は4月の強い降霜、その後の高温乾燥、8月中旬以降の長雨、10月の爆弾低気圧など、
波乱含みの一年となりました。
気象変動の大きい昨今ですが、管理作業を適切に行えるよう、前もって準備しておきましょう。


※詳細は、添付のPDFファイルをご覧下さい。

平成27年度果樹の生態調査結果(12/4現在)(PDF 48KB)


発信者/園芸試験場 果樹部 奥山 聡

問合せ先/0237-84-4125

更新日/2015年 12月 4日

関連情報

11月30日
令和3年度果樹の生態調査(園芸研11/30現在) 【園芸農業研究所】
11月24日
当面の技術対策(令和3年12月)【農技環境課】
11月15日
R3「いいもの成らせるさくらんぼ便り」Vol.9【農技環境課】
10月25日
当面の技術対策(令和3年11月)【農技環境課】
9月24日
当面の技術対策(令和3年10月)【農技環境課】

ページの先頭へ