こんにちは、ゲストさん

ホーム >県内優良事例から学ぶ >


稲作経営優良事例

米の生産販売環境は、需要減少や豊作基調等による在庫の増大を背景に、今般、概算金の大幅な下落として表れているように、一層厳しさを増しています。
このような状況の中でも、稲作のあり方を見つめ直し、活路を見出そうとする水田農業の担い手の前向きな声が聞かれます。
このため、県内の稲作経営上の工夫等の取組み事例を収集・分析し、強い稲作経営の確立に向けた事例集を作成し、研修会等を行いながら、攻めの米づくりを支援していきます。

県内事例から学ぶ特徴的な稲作経営(概要版) [PDF 293KB]
稲作経営事例調査全体版1(低コスト・省力化) [PDF 221KB]
稲作経営事例調査全体版2(高付加価値化・販路開拓) [PDF 243KB]
稲作経営事例調査全体版3(経営効率化) [PDF 181KB]


発信者/農業技術環境課

問合せ先/023-630-2444

更新日/2015年 1月 5日

ページの先頭へ