こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


水稲新品種「つや姫」の栽培技術現地研修会の開催について

つや姫現地試験ほ
つや姫現地試験ほ

平成22年のデビューを控えた水稲新品種「つや姫」は、本年度、先行販売用を含め最上地域で約6haのほ場に作付されています。現在の生育は概ね順調であり、各担当農家は特別栽培米として生産・供給できるよう適正な栽培管理に努めています。
そこで、7月14日(火)に、つや姫の高品質・良食味米生産を実現するため、今後の管理で最も重要となる穂肥(ほごえ)対応を中心とした研修会を予定しています。
参集範囲は、栽培担当農家、JA担当者などを対象とし、管内の主な展示ほ等を巡回し、生育状況を確認した後、今後の技術対応について関係者で協議します。



発信者/最上総合支庁 農業技術普及課 瀬野幸一

更新日/2009年 6月 24日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】

ページの先頭へ