こんにちは、ゲストさん

ホーム >果樹 >果樹「生育状況と技術対策」 >


平成21年産さくらんぼ作柄調査結果(5月27日)

1 収穫量の予測
作柄調査の結果をうけて、山形県さくらんぼ作柄調査委員会で検討したところ、現時点で、収穫量はやや少ない※と予測されます。

2 収穫盛期の見込み
(1)「佐藤錦」は、前年より2日程度遅い6月22日頃と見込まれます。
(2)「紅秀峰」は、前年より2日程度遅い7月2日頃と見込まれます。

※調査結果等の詳細は、添付PDFファイルをご覧願います。

平成21年産さくらんぼ作柄調査結果(5月27日)
参考資料(調査地域と園地、さくらんぼの結果樹面積・収穫量の推移)


発信者/山形県さくらんぼ作柄調査委員会事務局(県農林水産部生産技術課生産振興班)

問合せ先/023-630-2466・2458

更新日/2009年 5月 27日

関連情報

9月25日
当面の技術対策(平成30年10月)【農技環境課】
9月11日
平成30年度果樹の生態調査(園試9/11現在) 【園芸試験場】
9月11日
平成30年度果樹の生態調査(園試9/11現在) 【園芸試験場】
8月23日
当面の技術対策(平成30年9月)【農技環境課】
8月3日
H30「いいもの成らせるさくらんぼ便り」Vol.8【農技環境課】

ページの先頭へ