こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


新たな特産品作りにチャレンジ「田んぼ花の里李山」

べにばなは種作業の様子
べにばなは種作業の様子

 「株式会社 田んぼ花の里李山」は平成21年1月に設立された、花きの周年栽培による生産性の高い農業確立と地域営農の維持発展を目指している組織です。
 今年度の新たな取組みとして、4月13日に加工および切り花用のべにばなのは種作業を行いました。NHK大河ドラマ『天地人』の放送が始まり、直江兼続ゆかりの史跡がある米沢市南原地区でのべにばな作付けは、置賜地域の観光振興の面からも期待されています。
 また、啓翁桜を中心とした花木類の作付け拡大や水稲育苗後のハウスを利用したスプレイぎく生産にも取り組む予定です。当普及課では花き類の生産性向上に向けた栽培技術指導や効率的な組織運営への支援を行っていきます。



発信者/置賜総合支庁農業技術普及課 高橋 志津

問合せ先/0238-57-3411

更新日/2009年 4月 28日

関連情報

8月9日
農業情報8月号を掲載しました【農技環境課】
8月9日
7月新盆出荷向けリンドウの新作型開発【園芸試験場】
8月9日
リモートセンシング技術を用いた水稲の生育診断【農研センター】
8月9日
直売活動の活性化支援「農産物直売所向け野菜出荷拡大研修会」を開催【西置賜普及課】
8月9日
百聞は一見にしかず!聞いて、見て、食べて、農産加工実践者の取り組みを学ぶ【村山普及課】

ページの先頭へ