こんにちは、ゲストさん

ホーム >気象災害対策 >山形県施設園芸省エネルギー化技術指針 >


山形県施設園芸省エネルギー化技術指針(第2版)

施設園芸省エネルギー化技術指針については、平成19年1月に作成し技術指導に当たってきましたが、原油価格の動向や最近の技術対策、県内における省エネルギーの取り組み事例を盛り込み、第2版を作成しました。

山形県施設園芸省エネルギー化技術指針(第2版)(平成20年11月 山形県農林水産部)

<目次>
[1]施設園芸を取り巻く状況
[2]品目・作型の選定
[3]共通的な技術対策
 1 省エネルギー技術対策、効果と導入の考え方
 2 暖房機の点検
 3 保温性の向上
 4 温室内の温度の均一性向上
 5 農作物の栽培環境制御技術
[4]品目別技術対策
 1 果樹
 2 野菜
 3 花き
[5]県内の省エネルギーの取り組み事例
 1 日本海側気候活用による施設園芸省エネルギー化プロジェクト
 2 写真や絵でみる施設園芸省エネルギーの取組み
施設園芸における省エネルギー対策のチェックシート
原油価格高騰対策として利用できる制度資金の概要

※詳細は、添付のPDFファイルをご覧願います。
(ご覧いただけない場合は、「対象をファイルに保存」してお試しください)



山形県施設園芸省エネルギー化技術指針(第2版)


発信者/佐藤隆士

更新日/2008年 11月 21日

関連情報

12月16日
山形県施設園芸省エネルギー化技術指針(第3版)【農技環境課】
1月24日
山形県施設園芸省エネルギー化技術指針【生産技術課】

ページの先頭へ