こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


水稲新品種「山形97号」の現地検討会を開催

 8月28日(木)午後1時30分から平成22年デビュー予定の水稲新品種「山形97号」のブランド確立に向け現場へのスムーズな作付け導入を図るため、管内の現地栽培実証ほを巡回し、生育状況と品種特性等について現地検討会を開催します。
 農業技術普及課駐車場(鶴岡市藤島字山ノ前)に集合し、鶴岡市上清水の大規模栽培実証ほと鶴岡市小中島の有機栽培実証ほを巡回視察します。
 現地巡回後、農業技術普及課に戻り「山形97号」の品種特性等について、試食をしながら研修と意見交換を行います。
 庄内一円の関係機関・団体のみならず生産者の方々からも広く参加いただきます。



発信者/庄内総合支庁農業技術普及課 中場勝
 

問合せ先/0235-64-2103

更新日/2008年 8月 25日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】

ページの先頭へ