こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


農業生産者組織の視察が増加。山形97号への期待が高まる。

 山形県が「山形97号ブランド化戦略事業」に取り組み始めた昨年度から、農業生産組織の視察が増えています。昨年度は、8月以降、県内の12組織が訪れ、「山形97号」に強い関心が示されました。本年度も、移植後から4組織が訪れており、「山形97号」への期待の高さと意欲が伝わってきます。庄内支場では、「山形97号」の研究も2年目に入り、山形県の稲作が活性化できるよう努めています。ぜひ視察においで下さい。また、多くの小学校5年生の社会科教科書に庄内支場の米づくりが掲載されていることから、児童の視察者は多く、昨年度は928名が当場を訪れています。


発信者/農業総合研究センター農業生産技術試験場庄内支場 松田裕之

問合せ先/0235-64-2100

更新日/2008年 6月 24日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】

ページの先頭へ