こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


ぶどう「シャインマスカット」の長期貯蔵試験の状況

2℃で約3ヶ月貯蔵したシャインマスカット
2℃で約3ヶ月貯蔵したシャインマスカット

これまで強制送風式の「普通冷蔵庫」と、庫内の空気循環がない「冷温高湿庫」での貯蔵性を検討してきましたが、貯蔵温度1〜2℃で、普通冷蔵庫では約3ヶ月(12月下旬〜1月上旬まで)の貯蔵が可能という結果が得られました。冷温高湿庫では軸の変色や萎びが抑えられるメリットがありましたが、カビ発生の問題があり貯蔵期間は1〜2ヶ月程度という結果でした。
 今後は、貯蔵形態(容器や被覆方法)等の検討も加えながら、貯蔵期間をさらに延長できるよう試験を継続していく予定です。なお、「シャインマスカット」の品種特性等は、「農業山形」の2006年10月号で紹介していますのでご覧下さい。



発信者/農業総合研究センター生産技術試験場  工藤 信

問合せ先/0237−84−4125

Email/nogishi@pref.yamagata.jp

更新日/2007年 2月 5日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】

ページの先頭へ