こんにちは、ゲストさん

ホーム >安全農産物生産 >


安全農産物生産

山形県では果物や野菜の栽培管理方法や、安全確保に対する関係機関の取り組みなどについて、皆様に定期的にお伝えすることにいたしました。 ご覧いただき山形県の取り組みについてご理解をいただきますようお願いします。

画像

サブメニュー

やまがた農産物安全・安心取組認証制度
「やまがた農産物安全・安心取組認証制度」に関する実施要綱、実施要領、マニュアル等を掲載します。生産物安全性検査マニュアルと危機管理マニュアルを一部改正しました。関連する様式等(エクセル形式、ワード形式)はダウンロードコーナーをご覧ください。
農作物有害動植物発生予察情報
農作物に対して有害な動植物(病害虫)の発生予想を定期的に発表します。また、早急に防除対策を講じる必要がある場合は、随時情報(発生速報、注意報等)を発表します。
短期暴露評価導入による一部農薬の使用方法の変更について

厚生労働省が全ての農薬に短期暴露評価を導入することになり、農薬によっては、使用方法の削除や変更がされる作物があります。農林水産省は、都道府県に対して、短期暴露評価により農薬の使用方法が変更される場合、適切な対応をとるよう協力要請の通知を発出しました(平成26年9月10日付け26消安第2882号)。農林水産省から情報提供された登録変更に関する農薬情報を随時掲載しますので、農薬は適切に使用するようお願いします。

ポジティブリスト制度
平成18年5月29日から農薬等の残留に関するポジティブリスト制度が導入されました。食品衛生法では、基準を超える農薬が残留する食品の販売が禁止されています。新たに施行されるポジティブリスト制度では、これまで残留基準がなかった農薬を含め、すべての農薬と作物の組み合わせすべてにおいて何らかの基準が設定されます。
登録失効農薬情報
登録失効した農薬について日付順にとりまとめています。なお、剤型の異なる農薬については、登録失効していない場合がありますのでご注意ください。
山形県農作物病害虫防除基準について
本県の気象や栽培環境等などに考慮し適正で効率的な防除対策等の参考になるよう、「山形県農作物病害虫防除基準・除草剤使用基準・植物成長調整剤使用基準」を作成しています。 この基準の内容は、試験場の研究成果、病害虫防除所等の病害虫発生調査、農業普及課等の新農薬展示圃実証試験、農薬の登録や失効情報などをもとに、毎年、防除時期や防除方法の見直し、農薬の追加や削除を行い改正しております。 山形県農作物病害虫防除基準は、病害虫診断防除支援システムからご覧ください。
病害虫防除所
農作物有害動植物発生予察情報や葉いもち感染好適条件の推定結果(BLASTAM)、病害虫防除技術情報などを掲載しています。
当面の技術対策(安全農産物生産)バックナンバー
バックナンバー
過去に掲載されたドキュメントがみられます。

ドキュメント

2017年05月26日
当面の技術対策(平成29年6月)【農技環境課】
2017年04月21日
当面の技術対策(平成29年5月)【農技環境課】
2017年04月20日
「農薬」による「みつばち」への危害を防ぎましょう【農技環境課】

ページの先頭へ