こんにちは、ゲストさん

ホーム >安全農産物生産 >短期暴露評価導入による一部農薬の使用方法の変更について >


短期暴露評価導入による一部農薬の使用方法の変更について

厚生労働省が全ての農薬に短期暴露評価を導入することになり、農薬によっては、使用方法の削除や変更がされる作物があります。農林水産省は、都道府県に対して、短期暴露評価により農薬の使用方法が変更される場合、適切な対応をとるよう協力要請の通知を発出しました(平成26年9月10日付け26消安第2882号)。農林水産省から情報提供された登録変更に関する農薬情報を随時掲載しますので、農薬は適切に使用するようお願いします。

サブメニュー

短期暴露評価により変更される農薬の使用方法の変更について

農林水産省からの協力要請の通知内容を記載しています。

短期暴露評価により変更される農薬の使用方法の変更周知

農薬製造者が十分な時間的猶予をもって変更登録の申請ができなかった場合に該当します。

短期暴露評価により変更される農薬の防除指針・防除暦等への反映

農薬製造者が十分な時間的猶予をもって変更登録の申請ができた場合に該当します。

ページの先頭へ