こんにちは、ゲストさん

ホーム >野菜 >やまがたの在来作物(伝統野菜) >


やまがたの在来作物(伝統野菜)

山形県には、他県に比べて多くの在来作物が栽培されています。 在来作物は、気候、風土、歴史、資源など地域の特色を活かしながら代々受け継がれてきたもので、自然や故郷など心のゆとりを感じさせるものです。 また、その特徴的な形態や品質とともに、来歴やなぜ今日まで栽培されてきたかというストーリー性が魅力となっています。 県内で今でも栽培されている様々な在来作物を御紹介します。

<p>※ポスターデザイン;山形デザイン専門学校 瀬野彩奈</p><p>掲載されている在来作物は下記の基準の調査(H20)をもとに作成しています。</p><p>1.その地域で栽培・利用されてきた固有の野菜、穀物、果樹など</p><p>2.自家採種により品種、系統が維持されてきたもの</p><p>3.年代は概ね昭和20年以前(戦前)から栽培されているもの</p><p>4.現在、種子や苗が手に入るもの</p><p>※ なお、作付面積・生産量・生産額・価格・流通状況等は各総合支庁担当課の聞き取りによるものです。</p><p>発信者:6次産業推進課</p>

※ポスターデザイン;山形デザイン専門学校 瀬野彩奈

掲載されている在来作物は下記の基準の調査(H20)をもとに作成しています。

1.その地域で栽培・利用されてきた固有の野菜、穀物、果樹など

2.自家採種により品種、系統が維持されてきたもの

3.年代は概ね昭和20年以前(戦前)から栽培されているもの

4.現在、種子や苗が手に入るもの

※ なお、作付面積・生産量・生産額・価格・流通状況等は各総合支庁担当課の聞き取りによるものです。

発信者:6次産業推進課

サブメニュー

村山地域の在来作物
最上地域の在来作物
置賜地域の在来作物
庄内地域の在来作物

ドキュメント

2011年03月15日
全品目一覧(統合カード)【生産技術課】

ページの先頭へ