こんにちは、ゲストさん

ホーム >流通分析室 >おいしい山形分室 >


作物名7月の見通し

おうとう
本年は開花期前後の好天と気温高で主産地となる山形県を中心に生育が大幅に前進傾向となっている。6月半ば過ぎには山形産の「佐藤錦」がピークとなり、秋田産も入荷開始となった。6月最終週には山形産「紅秀峰」も始まり、6月末にかけても潤沢な出回りとなる。7月は月初より北海道産の入荷も始まるが、山形産のピークはすでに過ぎており、数量的にも限定的な販売となる。

ぶどう
「デラウェア」は島根産が6月で出荷ほぼ終了。7月は山形産が中心となって「海の日」前に出荷ピークに入り、山梨産の露地物も例年より早く始まる。大房は露地物の生育は順調なものの、ハウス物においては思いのほか生育が進んでいないため、7月上旬の出荷量は各産地が増量となり、7月いっぱいは潤沢にある。山梨産の巨峰はハウス物から露地物へ移行し、7月下旬から出荷ピークに入るが、今年は気温が高い情報があり、高温障害による着色出遅れでピーク時が変わる可能性がある。

もも
山梨を始め各産地とも開花が早く生育も順調に推移したことで例年より大幅に早い出荷となる。中心となる山梨産は生育が良く、早場産地では「日川白鳳」が6月中には出荷終了となる。福島産の早生種も一昨年より若干早く6月末より出荷が始まる。長野産も「海の日」以降に出荷ピークになり、山形産も7月下旬には出荷が始まる。出回り量は多く、少なかった前年比では価格安の展開。

メロン
関東産露地メロンはいずれも作柄が良く、前倒し気味の出荷が続いている。茨城産はアンデス・クインシー・タカミともに6月いっぱいでほぼ終了となり、7月は山形産のアンデス・パンナ・クインシー、千葉産タカミ中心の販売。6月下旬からは夏のギフト需要でアールスの引き合いが強まり、価格も緩やかな上げ基調となる。北海道産赤肉系品種も引き続き人気が高く、メロン類全体にしっかりとした価格で推移しよう。

すいか
6月中~下旬は着果不足と曇天によって各地とも出荷量が少なかった。7月上旬までは鳥取産が中心。7月に入れば長野産も出荷が始まり、新潟産はダラダラとした出荷が続く。中旬からは山形産の出荷が始まり、神奈川産は「海の日」過ぎより始まる。販売状況は梅雨明けの時期次第で大きく変わるが、東北産地の生育遅れで7月後半が品薄・高騰した前年と比べれば入荷減・価格安を見込む。それでも猛暑予報から平年と比べれば高めの水準。

きゅうり
【入荷見通し】
北関東産は例年より切り上がりが早く、東北産の露地物は梅雨の影響で生育が遅れ気味。6月末~7月上旬にかけて一時、端境となる予想も。
【価格見通し】
見通し単価は260円で、前年より若干高く平年比では同水準。

トマト
【入荷見通し】
現在は冷え込みと曇天で着色が鈍いが、天候が回復すれば数量は出てくるだろう。北海道・青森・群馬など、各地作柄は良好。今後は玉伸びして2Lサイズの比率が高まるか。
【価格見通し】
7月上旬まで相場は堅調に推移し、「海の日」の連休頃には全体量増加から弱含みに転ずる予想。見通し単価は270円で、安かった前年並み、平年比ではやや安い。

ねぎ
【入荷見通し】
茨城・千葉産は生育が順調で平年並みの出荷を見込む。6月下旬は降雨の影響で出方が鈍まる。
【価格見通し】
6月下旬は入荷が鈍り相場は上向くと見込まれる。7月に入ると保合いで推移した後、下旬には給食需要の落ち込みで弱含みとなるだろう。見通し単価は340円で、前年・平年比で若干安い。

だいこん
【入荷見通し】
北海道産は低温や降雨で作柄にやや影響あり。青森産は作付面積が若干減少している。
【価格見通し】
全体数量がさほど多くないことから値段が下がらず、荷動きは緩慢ながらも、相場は保合いが続く予想。見通し単価は90円で、前年よりやや高いが平年と同水準。