こんにちは、ゲストさん

ホーム >流通分析室 >おいしい山形分室 >


作物名9月の見通し

りんご
29年産の貯蔵ふじは非常に少なく、8月の出回り量は前年の半分以下であった。30年産りんごは全般に開花が早く、生育も前倒し気味。8月中旬より長野・山形産の「つがる」の入荷が始まっており、9月になれば青森産もスタート。前年は長野産などが出遅れて9月に出荷がずれ込んだが、本年は順調に出荷されており、スムーズな産地リレーが出来そう。下旬には各県の中生種も出荷開始となり、品種バラエティー豊かになるとともに荷動きも活発化する見込み。

ぶどう
山梨産の露地物ピオーネ・シャインマスカットの生育が順調で、8月は、5~10日早く販売となり、9月の販売量は少ない。特にシャインマスカットは全体数量が増えているにも関わらず9月としては少なく感じると思われる。長野産・岡山産のぶどう類の出荷は例年に比べ上旬の出荷量は多く、小房傾向の出荷で進むが出荷量はそれなりにある。下旬に入ると出荷量は減少に入り、特に山形産デラウエアは終盤から終了となる。

もも
全体の出荷ピークは8月下旬までに終わっていて特に山梨産・福島産においては9月販売を行なっていた品種が8月に販売されているため9月出荷は少ない。また、各産地主力となる品種(晩性種)がなく、多くの品種は短期間のため切替わりが早くダラダラとした出荷が敬老の日の連休まで続く。秋分の日の連休の頃には入荷はより少なくなるが、産地・数量を問わなければ9月末まで取り扱うことが出来る見込み。

きゅうり
現在は東北産と関東産との端境で少ない出回りだが、関東産の数量が9月に入って増えてくれば高値疲れも相まって、相場は下げに転ずる見込み。見通し単価は350円で、前年より大幅に高く、平年比では若干高い。

トマト
東北・北海道産ともに低温や日照不足により作柄は良くない。高値基調での推移が予想され、中旬には関東産の抑制栽培ものが出回り始めて相場は下向きとなると見込まれるが、月全体では堅調な展開が主となろう。見通し単価は430円で、高かった前年並、平年比でもやや高い。

なす
8月に入荷が多かった分、9月は成り疲れが見られ、平年よりやや少なめの入荷になる予想。見通し単価は360円で、前年よりやや高いが平年並。

ねぎ
関東産は端境期で入荷減少。東北・北海道産は出荷のピークを迎えるが、やや生育の悪さが見られる。9月下旬は各産地が稲刈りの時期に入るため出回りが少なくなるだろう。見通し単価は400円で、前年・平年比で大きく高い。

だいこん
7月の長雨で播種できておらず上旬は数量少ないが、中旬以降はその分も含め播種したため増量となる見込み。現在はサイズは小さめだが、9月は肥大も改善される見込み。見通し単価は105円で、前年より高いが平年比ではやや安。