こんにちは、ゲストさん

ホーム >流通分析室 >おいしい山形分室 >


作物名6月の見通し

おうとう
全体的には開花は今年も早くなったが、その後気温が低く推移したことで生育は遅くなっている。
山梨産は5月中、下旬から露地物が始まっており、山形産も5月末~6月3日頃から早生種の出荷が始まる。「佐藤錦」は早いところで6月10日頃から出荷が始まる。「紅秀峰」は月末から始まり、ピークは7月に入ってから。秋田産の出荷は、前年は6月半ばから開始となったが、今年は20日頃からになりそう。
今年は前年より出回りは遅れるものの、平年並みの出荷状況である。前年はギフトを含めて早い時期から準備を進めたが、今年は6月下旬の売込みが大事になってくる。

ぶどう
「デラウェア」は、島根産の出荷は6月上旬までで、出荷量は前年を上回る。山梨産は6月15日から、山梨統一共選からJA別の販売に切り替わる。大阪産の出荷も順調で、上旬より出荷量は増えてパック中心の出荷。山形産は生育が若干遅れているが、6月下旬からのスタート。
「シャインマスカット」の出荷量は、今年も前年より増加、「巨峰」「ピオーネ」は若干減少傾向となるが、ハウス物総体では7月新盆に向けてピークとなる。

もも
ハウス物は前年に比べ、若干遅い生育となっているため、中旬以降だらだら出荷が続く。露地物の出荷は、山梨産が前年より若干遅くなるが、6月15日頃から「ちよひめ」「はなよめ」の販売がスタートする。
年明けから天候が良く、順調な生育が続いていたが、4月上旬、5月上旬の低温によって生育に遅れが生じ、前年より初出荷が遅れるも、肥大状況は前年より良い。

メロン
一時的に前進出荷が続いたが、4月の低温、5月の曇天にて若干生育が遅れた。
5月下旬より熊本産から関東産中心の出荷に切り替わる。例年より出回り時期が早い青肉の「アンデス」「タカミ」と、赤肉の「クインシー」が中心となり、6月に入ると千葉県銚子の「アムス」、上、中旬には北海道産「夕張メロン」が始まる。各品種ともに肥大状況は良く、栽培面積は若干少ないものの、前年並みの収穫量は確保される見込み。
6月上、中旬にかけては売り場確保されて安定した販売だが、ノーネット系は販売苦戦が続く。

すいか
前進出荷が続き、熊本産中心の販売が展開され、5月中旬より千葉産の出荷、下旬には茨城産も始まった。
6月に入ると鳥取産も始まる。千葉、鳥取産は前年に比べて若干遅い出荷となり、ピーク入りも遅れる見通し。開花時期、着果時期の天候が悪かったため、出荷量は若干落ち込むものの、その後は着果状態が良く、中旬以降は増量傾向となる。
こだま西瓜は6月が出荷ピークに入る。群馬、茨城産は順調な出回り。熊本産「黒こだま西瓜」も6月いっぱいはある。
神奈川産「マダーポール」は6月25日前後の始まりとなる見込み。

きゅうり
【入荷見通し】
西南暖地産が減少、関東産中心ながら東北産が増量する時期。全体量は平年並みを予想するが、高温障害の発生や梅雨の影響で減りこむ懸念もある。
【価格見通し】
見通し単価250円は前年よりやや安く、平年比では同水準。

トマト
【入荷見通し】
西南暖地産が切り上がり、関東以北産が中心となる。北海道産が出始めるがやや遅れ気味か。
【価格見通し】
5月安値の反動や産地切換えの谷間で、中旬には相場上昇も予想される。見通し単価270円は前年並みで平年比で若干安。

ねぎ
【入荷見通し】
茨城、千葉産ともに生育順調。全体量は前年並みか若干増を見込む。梅雨の影響を受けて減少する時期も出るか。
【価格見通し】
見通し単価350円は前年並みだが、平年比ではやや安。

だいこん
【入荷見通し】
千葉産等関東産は前進傾向のため、切上りが早い見通し。青森、北海道産は低温が続いた影響で、出方が遅れる見込み。
【単価見通し】
5月下旬から全体量減少により相場が高まり、6月上旬にかけて強めとなる予想。見通し単価100円は前年並みだが、平年よりはやや高い。