こんにちは、ゲストさん

ホーム >流通分析室 >おいしい山形分室 >


作物名4月の見通し

メロン
3月下旬より熊本産春メロンの出荷が始まっており、年明けからの好天で生育は前年より1旬ほど早め。中心品種となるアンデスは4月に入れば徐々に増えてきて中旬から下旬にかけてピークとなる。同じく3月下旬からは近在産地茨城のオトメ、中旬には熊本産クインシーも出揃ってくるが、量販店中心に需要は高い。全国的にメロンの栽培面積は減少傾向が続いているが、入荷量・価格ともにほぼは前年並を見込む。

すいか
熊本県産大玉すいかは概ね生育順調で、前年よりペースは1旬早い。3月下旬から増えてきて、これまで同様玉肥大も良く大玉比率高め。4月以降も好天が見込まれることから5月連休にかけて出回り量の多い状況が続く。関東産の小玉すいかも生育は若干早めで、4月半ばから増えてくる。食味は良く、玉肥大も良いことから、数量はほぼ前年並、価格は若干安めを見込むが、これでも平年比では高いレベル。

きゅうり
埼玉・群馬・茨城・千葉産は面積若干減、作柄は良好で前年並み。下旬は、埼玉・群馬・茨城・千葉産の入荷量が増加する見込み。総体では入荷は前年より若干減も平年より多い見込み。価格は前年並みも平年よりやや安い見通し。

ねぎ
千葉・埼玉・茨城産は面積前年並み、前年台風による欠株等もあり作柄は太りは良好であるが前年よりやや劣る。中国産は前年寒波で少なかったが今年は順調。上旬は、業務等の引合いが弱い見通し。下旬は、早い春タイプと秋冬タイプが切上り、入荷量が減少する見通し。総体では入荷は前年・平年よりやや少ない見通し。価格は前年より安いが平年より高い見込み。

だいこん
千葉産は面積前年並みで、作柄は強風や干ばつが影響し前年よりやや劣る。上旬は、神奈川産の減少により入荷量が減少する見通し。中旬は、千葉産の入荷量が増加してくる見込み。総体では入荷は前年・平年よりやや少ない見通し。価格は前年並みでほぼ平年並みの見込み。