[質問]

 弥生時代の米の作り方(何月にどんなことをしたか、どういう道具を使っていたのか)がわかりません。

[答え]

【4〜5月---田起こし・代かき】
土を掘り起こす「木製のクワ」や「木製のスキ」
土地を平らにならす「クワ」や「エブリ」
ぬかるむ田んぼで作業する時にはく「田下駄(たげた)」
代かき(水と土を混ぜて田んぼの表面を平らにする作業)のための「大足(おおあし)」

【6月---田植え】
田植えの時に苗を乗せて運ぶ「田舟(たぶね)」
田んぼで沈まないようにするためにはく「田下駄」

【7〜9月---草かり・草とり】
田んぼの中や、田んぼの周りにはえてくる雑草を手で取るときにはく「田下駄」

【10月---稲かり・だっこく】
稲から「いなほ」だけを切り取る「石包丁(いしぼうちょう)」
「だっこく」してもみがらをむくための「臼(うす)」と「杵(きね)」

とれた米は、高床式倉庫に保管しました。

BACK  質問集に戻る