[質問]

 農家の人々たちは、どんなことで困っているのか?
[答え]

 お米だけではありませんが、作物は、その年の天気で育ち方がちがいます。農家の人は天気の予想をしながら、いっしょうけんめいお米を作ります。けれども、特に東北地方では雨が多かったり、寒かったりするとイネの生育が思うようにいかずに、いつもより少ししかとれなかったりします。いっぱいとれてもそれがあまり良いお米でないこともあります。

 農家の人たちはできたお米を売って生活しているので、良いお米がたくさんとれれば収入が増えますが、少ししかとれなかったり、良い米がとれなかったりすると収入が減ります。サラリ−マンとちがってその年によって収入が変わるのは不安です。

 また、農作業に使う機械や道具は良いものがでてきて農作業はとても楽になりましたが、こうした機械や道具の値段が高いのも、なやみのタネです。最近は、日本でも米の輸入を始たので、安い外国の米に負けないようにするには、どうしたらいいのか、というのも今の農家の人たちが考えたり悩んだりしていることの1つです。

BACK  質問集に戻る