[質問]

 昔はどのように名前をつけていたのか?

[答え]

 明治時代の記録をみると、こんな品種の名前があります。おそらく、新種の稲を発見した人や、その人の周りの人が名づけたのでしょう。

<1>地名がつくもの

「庄内早生(しょうない わせ)」
「肥後稲(ひご いね)」(肥後とは熊本県のこと)


<2>稲の特徴がつくもの

「赤芒(あかぼう)」「赤芒糯(あかぼう もち)」(モミの先っぽが赤いので)
※「芒(ぼう)」とはモミの先っぽにある毛のこと

「大粒(だいりゅう)」
(米つぶが大きいので。)

「中手坊主(なかて ぼうず)」
(米の実る時期が、早くもなくおそくもなく中くらい(=なかて)で、モミの先
っぽに毛がない(=ぼうず)ので)

「四十日(しじゅうにち)」
(花がさいてから収穫まで40日かかるので)


<3>変種を発見した人の名前がつくもの

「代吉坊主(だいきち ぼうず)」
(代吉という人が発見した、モミの先っぽに毛のない品種)

「太郎兵衛糯(たろべえ もち)」「文吾糯(ぶんご もち)」
太郎兵衛とか文吾という人が発見した、おモチ用の品種

BACK  質問集に戻る