[質問]

 これからの、米を作る時の「課題」は何ですか。教えて下さい。

[答え]

 今、農家の数が減っているだけでなく、農業をしている人の年令が上がって高齢化が進んでいます。この状態が続くと、みんなに米などの食料を安定してとどけることが難しくなったり、米が作られなくなると、田んぼが持つさまざまな働き(=「質問集」の水田(田んぼ)にはどんな働きがあるのですか?を見てください。)が生かせなくなってしまいます。

 農業をする人が減ったり、だんだん高齢化していくと労働力不足が深刻になってきます。農村としての集落あるいは産地を守ることが重要ですから、後をついでくれる若い人を増やし、育てることが課題です。

 日本国内で必要とされている量を、これからも安定した値段で生産していくため に「減反(げんたん=米の生産量を調節する政策)は、生産者自身が真剣に取り組まなければいけない課題です。米を作れない田んぼでは、他の作物を作るようにがんばっています。

 米の値段を安定させるために減反に取り組んでいるにもかかわらず、今、米の値段が下がっている状況であり、さらに、海外からも米が入ってきていますから、こうした変化に対応して、生産にかかる経費を少しでも減らすことも重要な課題です。

BACK  質問集に戻る