[質問]

 たく前はかたいかたいお米なのに、どうして水を入れてたくとやわらかくてふっくらとしたものになるのだろうか?
[答え]

 お米は水に入れると水を吸います。水をじゅうぶん吸ったお米に熱を加えるとお米はのり(紙をはったりする「のり」です)になります。難しい言葉でいうと、お米のでんぷんがアルファ化するといいます。ごはんを指でつぶすとべたべたくっつきますね。お米はたくと、つぶの中は、のりのようになってやわらかくふっくらとなり、人間が消化しやすく、おいしい状態になるのです。

BACK  質問集に戻る