[質問]

 米作りでどんな新しい「努力」をしていますか?
[答え]

 今ふつうの米作りは、「なえ」を育てて、その「なえ」を田んぼに機械を使って植えていくやり方をしています。「なえ」を育てることは、米作りの作業の中で一番大変な作業です。この「なえ」作りがなくなれば、だいぶ楽になります。

 そこで、「なえ」を育てなくてもいいように、タネもみを、じかに田んぼにまいて、田植えの作業もなくしてしまう方法で、イネがうまく育てられるかどうか努力しています。この方法は、「じかまき さいばい」といわれます。

 タネを田んぼに「じかまき」すると、春先の寒い天気では、なかなか芽が出にくいこと、田植えをするのと同じ品種を使っても、「じかまき」すると根っこの出る位置が浅いため、イネが倒れやすくなること、「なえ」を作って田植えをするよりも、収量が減ってしまうこと、などなど問題が多くあり、試験場や農家の人がなんとか乗り越えようと、いろいろ工夫をしています。

 たとえば、「じかまき」でじょうずに芽を出させるにはどうすればいいのか、秋にお米がたくさんとれるようにするにはどうすればいいのか、などを試験場で研究したり、農家の人が努力をしています。また、試験場では、「じかまき」するのにピッタリの品種の開発もしています。

BACK  質問集に戻る