[質問]

 防虫について、方法と時間など教えてください。よろしくお願いいたします。

[答え]

 防虫のことをふつう「病害虫防除(びょうがいちゅう ぼうじょ)」といっています。

 稲には、いもち病やモンガレ病などの病気が発生したり、また、質問集の中の[質問]稲の害虫の種類と被害について、害虫を駆除する方法について教えてください。にも書いてあるような虫が発生します。そこで、ここにも書いてあるような方法で虫を退治します。

 農薬をまくために「動力噴霧機(どうりょく ふんむ き)」や「防除機(ぼうじょ き)」などが使われます。

 また、「航空防除(こうくう ぼうじょ)」といって、ヘリコプターを用いて農薬の散布を行う場合もあります。

 苗の時、土に農薬を混ぜたり、または田んぼで農薬をまいたりしますが、大変なのは、田んぼでの作業です。7月から8月にかけて、農薬をまきますが、動力散布機を使って2人で組になって田んぼの両側に立ち、長いホースを持って、ホースから農薬をまきながら歩いて行くやりかたと、1人で田んぼの周りをぐるぐる回りながら、まいていく方法があります。1人でやるよりも2人で組んでやれば早くまくことができます。

 広い面積を一気に防除する場合は、大型の防除機を使いますが、5人ぐらいの人手が必要です。田んぼ1枚分まき終わる早さは、2人で組んでする場合よりずっと早くなります。

BACK  質問集に戻る