[質問]

 一粒の種もみから、標準で約何粒の米が取れるのでしょうか。

[答え]

 1本のいなほには、山形県で作っている「はえぬき」で、だいたい60粒くらいつきます。「ササニシキ」では、だいたい80から100粒くらいつきます。

 1粒の種もみから、1本の苗ができますが、この苗を田んぼに植えると、「くき」が増えて、1本だったのが10本くらいになります。

 ですから、「はえぬき」なら、いなほ10本で600粒、「ササニシキ」なら800〜1000粒になります。

 まいた種もみ1粒が600〜1000倍になるわけです。

BACK  質問集に戻る