籾摺り・選別
 籾水分の再チェック

 籾摺り作業は、乾燥終了後5〜7日程度経ってから行います。
 作業前に玄米水分を再度チェックし、適正水分15%(又は15.5%)であるか確認します。
  (水分が高いと、脱ぷ率が悪くなり、同時に肌ずれも生じます。)




 籾摺り機の調整

 作業前に籾摺り機のロール点検を行い、ゴム厚が残り1/4以下になったら新品と交換してください。
 
 ロール間隔は、脱ぷ率(籾殻が取れた比率)が80〜85%になるように調整します。




 品種によって粒径は異なりますので、その都度、ロール間隔の調整を行ってください。

  「はえぬき」は粒径が大きいため、1.3mm〜1.4mmとします。「ササニシキ」等の粒径の小さい品種は、これより0.2mm程度狭くします。




 選 別

 選別は、整粒歩合80%以上を目標に、品種に合った網目の選択や機械の調整を行ってください。