播種計画と種子の準備
 播種計画

 播種計画は、移植時期の日程から逆算して播種日を決めることから始まります。

 使用する苗の種類(稚苗・中苗など)によって育苗日数が異なります。
 下の表を参考に播種計画を作ります。

 育苗期間中は、圃場の耕起や代かき、基肥や土づくり肥料の散布など一時期に作業が集中しますので、育苗作業に支障が出ないよう、春作業全体の計画を仕上げます。


苗の種類と特徴

葉数
()

播種量
(乾籾g/)

必要箱数
(/10a)

育苗日数
()

特 徴

乳苗

1.5

200250

15

810

育苗期間極短い、初期生育旺盛、出穂遅れ

稚苗

2.22.5

150180

25

2025

初期茎数確保しやすい、出穂やや遅れる

中苗

3.23.5

80120

30

3035

低温時活着良、分げつ茎充実、出穂早い



苗の種類と移植適期

苗の種類

栽培地帯

適応品種

移植時期

晩限

適期

稚苗

庄内平坦

はえぬき・どまんなか・ササニシキ・ひとめぼれ・里のうた

5/25

5/55/20

村山・置賜平坦

はえぬき・どまんなか・ササニシキ・里のうた

5/25

5/75/20

最北平坦・県内中山間

はえぬき・どまんなか・
あきたこまち・里のうた

5/25

5/105/20

中苗

庄内平坦

はえぬき・ササニシキ

5/30

5/155/25

村山・置賜平坦

コシヒカリ

5/20

5/105/15

最北平坦・県内中山間

どまんなか・あきたこまち・
はなの舞・里のうた

5/25

5/155/25

県内山間

はなの舞・ゆめさやか

5/25

5/155/25


 種子の準備

 種子は自家採取や出所の曖昧なものでなく、採種圃産の優良種子を使用します。

 塩水選による目減りを考慮して、ゆとりを持って準備します。
 (準備する種子量の目安:  稚苗の場合・・・乾籾5kg/10a 、 中苗の場合・・・乾籾4kg/10a )

 複数品種を扱う場合は、網袋に印をつけるなど品種が混合しないようにしておきます。