こんにちは、ゲストさん

ホーム >やまがたアグリネット会員規約 >


やまがたアグリネット会員規約

(趣旨)

第1条   本規約は、やまがたアグリネット(以下「アグリネット」という。)に設ける会員制度について定めるものとする。

(会員)

第2条   会員となることができる者は、原則として、山形県内において農業を営む個人または法人の構成員及び山形県内の農業関係機関・団体の関係者とする。ただし、県が適当と認めた場合は、この限りではない。

(会員登録及び退会)

第3条   会員は、県の指定する手続きに基づき、本規約を承諾のうえ、「アグリネット」への会員登録を申請し、入会の承諾を受けたものとする。
2 退会する場合は、県に連絡するものとする。

(料金)

第4条   会員登録及び会費は、無料とする。

(会員専用サービスの提供)

第5条   県は、会員に対して「アグリネット」を通じてインターネット上での農業情報の提供、電子メールによる農業情報の配信その他のサービス(以下「会員専用サービス」という。)を会員に提供する。
2 県は、緊急の場合又は運用上必要のある場合、会員への予告なしに会員専用サービスを停止することがある。
3 県は、会員への予告なしに会員専用サービスの内容を変更、又は廃止することができる。

(会員の責務)

第6条   会員は、やまがたアグリネット利用規約及び本規約に従って誠実に会員専用サービスを利用しなければならない。
2 会員は、県より付与されたID、及びパスワードの管理と使用について責任を持ち、県に損害を与えてはならない。
3 会員は、入会時に報告した事項について異動があった場合、速やかに県に報告しなければならない。

(会員の禁止行為)

第7条   会員は、アグリネット利用規約に定める禁止行為の他、次の行為を行ってはならない。
   (1) 自己及び他の会員のID又はパスワードを公開する行為
   (2) 他の会員のID又はパスワードを使用する行為
   (3) その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつこれを助長する態様・目的でリンクをはる行為
2 県は、会員のアグリネットへの書き込み等が前項の定めに反すると判断した場合、事由の如何・有無を問わずいつでもこれを削除できる。
3 県は、会員の行為が前2項の定めに反すると判断する場合、事由の如何・有無を問わずいつでも当該会員に対し、利用の制限又は会員資格のはく奪を行うことができる。

(個人情報の保護)

第8条   県は、会員の個人情報を第三者に開示し、若しくは漏洩させ又は、当該情報をアグリネットのサービスの円滑な提供を確保する管理目的に必要な範囲を超えて使用してはならない。
2 前項の規定は、当該情報が次の各号のいずれかに該当する場合には、適用しない。
   (1)本人の同意がある場合
   (2)利用者個人を特定できない方法にて開示する場合
   (3)法令の規定に基づき開示しなければならない場合
   (4)会員の居住地を管轄する山形県の各総合支庁産業経済部農業技術普及課に情報を提供する場合
3 県は、法令の規定に基づき保存する必要がある場合を除き、会員の登録抹消後は、会員の個人情報を消去するものとする。

(免責)

第9条   県は、会員専用サービスの内容に関して、いかなる保証も行わない。
2 県は、会員専用サービスの利用により発生した会員の損害に対し、いかなる責任も負わず、一切の賠償の責を負わない。
3 会員が会員専用サービスの利用により第三者又は県に対し損害を与えた場合は、自己の責任と費用をもって解決するものとする。

(本規約の変更)

第10条   県は、会員への予告なしに本規約を変更することができる。

(規約の解釈及び紛争)

第11条   本規約の準拠法は、日本法とする。
2 本規約に関する一切の紛争については、山形地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とする。

(雑則)

第12条   この規約に定めるほか、アグリネットの管理に関し必要な事項は、県が別に定める。

附則

   本規約は、平成14年10月31日より施行する。
   平成17年4月1日一部改訂
   平成18年4月1日一部改訂
   平成21年4月1日一部改訂

ページの先頭へ