こんにちは、ゲストさん

ホーム >病害虫診断防除支援システム >病害虫図鑑 >だいず - 葉焼病  >


>> 病害虫図鑑

対象作物 > 豆類 > 豆類(種実) > 豆類(種実) > だいず
対象病害虫 > 病害情報 > 「い」から始まる病害 > 稲こうじ病

作物名
だいず
 
病害虫名
葉焼病
 
写真
ダイズ葉焼病の症状 ダイズ葉焼病の症状  
被害発生圃場 被害発生圃場  
 
症状
1.葉にはじめ白色小斑点が生じ徐々に拡大し,径1mm内外の褐色円形で外囲はわずかに水浸状で,その外側はやや黄化した病斑となる.その後,多数の病斑が形成されると黄変部は拡大融合して,黄変した葉の中に褐色斑点が多数形成されたような感じがする.発病が激しいときは葉全体が淡黄色となり,全体として葉が焼けたような症状となる.
2.ダイズ葉焼病の症状は,一見するとジャガイモヒゲナガアブラムシの吸汁痕と似ているが,葉裏を観察することにより同種アブラムシの寄生の有無で区別できる.ただし,混発することもあるので,防除は十分な診断が必要である.
3.ジャガイモヒゲナガアブラムシの場合は,下位葉から落葉し,ダイズ葉焼病の場合は上位葉ほど被害が大きく,上から落葉する傾向がある.
4.同じ細菌病の「斑点細菌病」との区別は,病徴からは難しい.
 
発生要因
1.病原菌は細菌の一種でXanthomonas campestris pv. glycines である.
2.病原細菌は乾燥した被害植物上で越冬し,翌年の伝染源となる.種子伝染の可能性もある.
3.病原細菌は風雨によって飛散し,葉上に達したのち,気孔や傷口から侵入する.
4.開花期以降に降水量が多い年に発生しやすく,その年の天候に左右され易い.

<その他>
1.発病程度が高くなるほど,粒肥大が不十分となり5〜30%減収する.また,未熟粒・奇形粒・しわ粒が多くなり,無発病株対比で2〜4倍程度増加し品質も低下する.
2.葉焼病は難防除病害であり,薬剤だけでは十分な防除効果が得られず,連作を避けるなど耕種的防除も併せて行う必要がある.
 

ページの先頭へ