こんにちは、ゲストさん

ホーム >『山形で農業してみっべ!』新規就農情報メールマガジン >



Subject:『山形で農業してみっべ!』新規就農情報メールマガジン 第169号
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 やまがた新規就農情報メールマガジン 〓〓〓〓
    ,
   /)
  ●●   山形で農業してみっべ!

〓〓〓〓〓〓〓 第169号 〓 2018.6.28<<発行:山形県>> 〓〓〓

6月下旬となり、山形県では「さくらんぼ」の収穫が最盛期となっています。
これから多くの農作物の生産が盛んになります。近年は、気象変動が大きくな
っておりますので、農作物の生育状況を把握し、適切な対応で乗り切りたいも
のです。これまでのところ、本県は大きな気象災害もなく経過していますが、
農産物の生育に程よい夏が迎えられることを願っています。
 さて、世界ではサッカーワールドカップで盛り上がっていますが、農林大研
修部では研修が本格化し、「働きながら学ぶ農業入門講座」もスタートしました。
養成部の1年生は、6月13日から先進農業者等体験学習に出かけ、10日間
の研修を行いました。農林大生・研修生がそれぞれの研修により、大きく成長
してくれることを期待しています。

目次
 ┣ 就農のためのワンポイントアドバイス
 ┣ 新規就農奮闘記
 ┣ がんばる研修生の事例紹介
 ┣ 県・市町村の新規就農受入情報(支援情報)の紹介
 ┣ 就農相談情報
 ┣ 研修受入窓口
 ┗ イベント・研修情報、お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 就農のためのワンポイントアドバイス ┛┛┛
───────────────────────────────────
就農のためのワンポイントアドバイス(6月)

営農技術の習得

 前回、全国新規就農相談センターの調査で、「就農時に苦労したこと」を聞い
たところ、新規参入者も親元就農者も、「農地の確保」、「資金の確保」、「営農技
術の習得」の3つが主要な問題点であると書きました。今回はその中の「営農
技術の習得」がテーマです。

 ★続きはこちら>>>  http://agrin.jp/page/25435/

【農林大学校】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 新規就農奮闘記 ┛┛┛
───────────────────────────────────
 第5回は、「農業の厳しさ」(執筆は拓也さん)です。

今回は、参考までに僕が就農してから農業の厳しさを感じた事、大変だった
部分をいくつかあげていきたいと思います。
まずは、農地の確保。
僕は地元就農で、農業委員だった義父のおかげで比較的農地の確保について
はすごく恵まれていました。しかし借入できた農地が作りたい作物に適した土
壌かどうかは別問題。

★続きはこちら>>>  http://agrin.jp/page/25434/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<我妻拓也(わがつまたくや)さんと我妻飛鳥(わがつまあすか)さんの
プロフィール>
拓也さんは非農家出身。飛鳥さんは農家出身。
地元の同級生同士で結婚。二人とも会社員として勤めていたが、拓也さんの勤
め先が倒産したことをきっかけに飛鳥さんの実家の農業を手伝い始める。
数年の農業経験を経て農業は面白い!自分で経営してみたい!と思うようにな
り、農業するなら絶対夫婦でがいい!と拓也さんの決断により平成26年に就農。
地元の米沢市でスイカやキャベツなどの露地野菜を栽培している。
家族構成は夫婦と子供3人。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜これからの内容と執筆担当〜
第6回(7月) 産後ドタバタ(飛鳥さん)
第7回(8月) 農業の方向性(拓也さん)
第8回(9月) なーんにもない!(飛鳥さん)
第9回(10月)挑戦(拓也さん)
第10回(11月)夫婦の足並み(飛鳥さん)
第11回(12月)感謝と恩返し(飛鳥さん)
第12回(1月)初心を忘れず(拓也さん)
※内容はあくまで予定であり、変更する場合があります。

  ◇◆◇◆ お ◇ 知 ◆ ら ◇ せ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆
   皆様から我妻さんへのコメントや疑問等を受け付けます。
   下記のメールアドレスにお送りください。お待ちしています。
    ★受け付けメールアドレス
      nf-funtoki@agrin.jp
  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ がんばる研修生の事例紹介 ┛┛┛
───────────────────────────────────
 今回は、山辺町の渡邊 凛太(わたなべ りんた)さんを紹介します。

渡邊さんは、以前は製薬会社に勤めていましたが、休日を利用して花き農家
である父の手伝いを重ねる内に農業への関心が高まり、志すきっかけとなりま
した。

★続きはこちら>>>  http://agrin.jp/page/25436/
                           【農林大学校】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 県・市町村の新規就農受入情報(支援情報)の紹介 ┛┛┛
───────────────────────────────────
 山形県では県立農林大学校、山形県農業会議、公益財団法人やまがた農業支
援センターが様々な研修事業や支援事業を実施しています。
 また、県内の多くの市町村で特色ある事業に取り組み、農業の技術習得支援
だけでなく、生活の支援など各種の支援策を実施しています。
 県及び市町村の新規就農支援事業について一覧表にまとめておりますので、
山形県内での就農を検討する際の参考にしてください。各事業の詳細について
は、関係機関・団体や各市町村の担当窓口にお問い合わせください。

★詳しくはこちら>>> http://agrin.jp/page/25433/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 就農相談情報 ┛┛┛
───────────────────────────────────
●新規就農や農業への就職を検討されている方を対象に、「就農相談」を行って
 います。〜〜お気軽にどうぞ〜〜

 どこで:(公財)やまがた農業支援センター
     電話023-641-1117  FAX 023-624-6019
     山形市緑町1-9-30 緑町会館6階
 い つ:月曜日〜金曜日(祝祭日は除く) 時 間:9:00〜17:00
     *相談にお越しになる際は、事前に連絡をお願いします。

★詳しくはこちら>>> http://www.yamagata-nogyo-sc.or.jp/
【公益財団法人やまがた農業支援センター】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 研修受入窓口 ┛┛┛
───────────────────────────────────
●就農に当たり、研修受講をご希望の方、ご相談ください!

 農林大学校では、長期研修(新規就農支援研修、農業ビジネス支援研修)、
農業機械に関する研修、他産業に従事しながら栽培技術の基礎を学ぶ夜間講座、
農業経営のステップアップに向けた研修等、豊富なメニューをご用意しており
ます。お気軽にご相談ください。

 農林大学校研修部「緑風館」(八角形の建物です)
  所在地:〒996-0052 新庄市大字角沢1366
  電 話:0233-22-8794  FAX:0233-23-7537
  相談日:月曜日〜金曜日(祝祭日は除く) 時 間:8:30〜17:15
      *相談にお越しになる際は、事前に連絡をお願いします。

★詳しくはこちら>>> http://agrin.jp/menu/t/72/
                            【農林大学校】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ イベント・研修情報、お知らせ ┛┛┛
───────────────────────────────────

●平成30年度「農業機械メンテナンス研修」受講者募集

 農業機械の安全使用及び効率的使用を推進するために必要な、農業機械の点
検整備に関する基礎的な知識・技能の習得を図るための研修です。

 開催日時及び研修内容は次のとおりです。
  第2回:8月21日(火) 刈払機、動力噴霧機、コンバイン

★詳しくはこちら>>> http://agrin.jp/page/25319/
                            【農林大学校】


●平成30年度「女性向け農業機械基礎研修(管理・操作)」受講者募集

 農業機械の基本的な管理方法や操作方法を座学と実技で学ぶ、女性農業者限
定の研修会を開催します。

 開催日時及び研修内容は次のとおりです。
 管理編:8月30日(木) 農業機械の基礎知識と日常点検方法
 操作編:8月31日(金) トラクター等による耕うん・整地作業方法

★詳しくはこちら>>> http://agrin.jp/page/25363/
                            【農林大学校】


●「新・農業人フェア」に出展します。〜ぜひ、山形県ブースへどうぞ〜

 今年も「新・農業人フェア」が東京と大阪で開催されます。やまがた農業支
援センターでは、東京開催の下記のフェアに出展予定です。
 ご来場の上、当センターブースにお立ち寄りいただき、山形県への扉を開き
ましょう!
 
平成30年7月28日(土)  東京国際フォーラム
平成30年9月 1日(土)  池袋サンシャインシティ

★詳しくはこちら>>>  http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/ 
【やまがた農業支援センター】

●「山形暮らし」はじめませんか?

 山形県へ移住をお考えの皆様へ「すまいる山形暮らし情報館」を山形県公式
ホームページ内に開設して情報をお知らせしています。

★詳しくはこちら>>>  https://yamagata-iju.jp/
                         【山形県 市町村課】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 編集後記 ┛┛┛
───────────────────────────────────
 6月10日頃梅雨入りしたとの発表がありましたが、雨の日は少なく、事務室
前の畑は水不足気味です。潅水設備がないため、職員がジョウロで一生懸命水
かけしていますが、水道が遠くてなかなか大変。長いホースを倉庫から引っぱ
り出してきましたが、水圧が弱くて思い通りにはいかないものです。自然を相
手にすることは、本当に大変ですね。
 さて、これから夏本番。山形の今は何と言ってもさくらんぼ!週末は観光バ
スでいっぱいです。さくらんぼの次はスイカでしょうか。スイカと言えば県内
の方はもちろんご存じかと思いますが、尾花沢の夏スイカは最高!県外の方も
是非来県し、最高の味をご賞味くださいね。スイカの味に惚れ込んで、就農を
決意した人もいるくらいですよ!
                         【農林大学校A・A】

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◇配信中止・メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧はこちらから
 >>> http://agrin.jp/newfarmer/
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望はこちらまで
 >>> E-mail: newfarmer2007@agrin.jp
___________________________________

新規就農情報メールマガジン『山形で農業してみっべ!』
発行:山形県
編集:山形県立農林大学校(TEL 0233-22-8794)
E-mail: newfarmer2007@agrin.jp
___________________________________

 
記事検索:

ページの先頭へ