こんにちは、ゲストさん

ホーム >『山形で農業してみっべ!』新規就農情報メールマガジン >



Subject:『山形で農業してみっべ!』新規就農情報メールマガジン第180号 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 やまがた新規就農情報メールマガジン 〓〓〓〓
    ,
   /)
  ●●   山形で農業してみっべ!

〓〓〓〓〓〓〓 第180号 〓 2019.5.30<<発行:山形県>> 〓〓〓

 山々は若葉を大きく広げ、鮮やかな緑の森へと変化してきました。この春、
農林大学校に入校した1年生達は寮生活にも慣れ、毎日活き活きとして農場等
での実習や講義に励んでいます。5月は気温が高く、雨もほとんど降らず、非
常に乾燥した極端な気候となりましたが、田植や各作物等の農作業も順調にす
すんでいるのではないでしょうか。
 今月から「令和」に元号が変わり、新しい時代の幕が開きました。農業にお
いても近年、IoT(物のインターネット)やAI(人工知能)、ロボットな
どの先端技術を活用した「スマート農業」が様々な分野で実用化が始まってい
ます。先日、ここ農林大学校でもメーカーの御協力により、自動運転の田植機
の実演を行いました。精度の高さに只々驚くばかりです。私達は、今まさに農
業技術革新の第一歩を踏み出しているのです。
 昨年は一部地域で豪雨や台風等の自然災害に見舞われ、毎年のように厳しい
気象条件下での栽培管理が当たり前のようになってきました。気象予報をまめ
にチェックし、生育のちょっとした変化に対する気づきを大切にし、適期作業
をすすめましょう。
 いよいよ来月からは山形を代表する初夏の味覚「さくらんぼ」シーズンの到
来です。初めよければすべてよし。いいスタートをきって欲しいと願っていま
す。

目次
 ┣ 就農のためのワンポイントアドバイス
 ┣ 新規就農奮闘記
 ┣ がんばる新規就農者の事例紹介
 ┣ 就農相談情報
 ┣ 研修受入窓口
 ┗ イベント・研修情報、お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 就農のためのワンポイントアドバイス ┛┛┛
───────────────────────────────────
就農のためのワンポイントアドバイス(5月)

 前回は、新規就農者の動向と就農形態の多様化について紹介しました。今回
は、新規就農希望者の経歴に応じた就農までの課題について整理したいと思い
ます。

 ★続きはこちら>>>  http://agrin.jp/page/25976/
                          【農林大学校】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 新規就農奮闘記 ┛┛┛
───────────────────────────────────
 第4回は、「やってみよう新規就農準備&開始編」(賢さん執筆)です。

 皆さんこんにちは。第4回目の奮闘記は私、常田賢が務めます。前回は4月
のちょうど忙しい時期ということもあり、まったく動けなかった私に代わり、
妻の友夏子から書いてもらいました。夫婦で新規就農ということもあり、これ
から夫婦で就農する方なんかには参考になれば幸いかなと思います。さて、第
2回目の奮闘記では農業研修を行った話を書いておりましたので、その後のお
話に進んでいきたいと思います。

★続きはこちら>>>  http://agrin.jp/page/25977/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<常田賢(つねたまさる)さんのプロフィール>
 常田さんは山形県遊佐町の農家の三男。
 一般企業に就職したものの、当時勤めていた会社が吸収合併。将来に不安を
感じ、就農を決意。生活するなら環境の良いところでとの考えから地元の遊佐
に戻って就農することに。
 平成28年から農業次世代人材投資資金を受けながら研修し、平成29年3月
から独立就農。現在は、アスパラガス、パプリカ、ニンニク等を栽培。
 現在の家族構成は本人と奥さん、お子さんの3人。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜これからの内容〜
第5回(6月) とにかく働いてみた
第6回(7月) 農家1年目(友夏子さん執筆)
第7回(8月) 人生初収穫
第8回(9月) 作物と会話ってできるの?
第9回(10月) 理想と現実のギャップ
第10回(11月) 夫婦就農する方々へ(友夏子さん執筆)
第11回(12月) 楽しんでやってる?
第12回(1月) スタートラインはこれから

  ◇◆◇◆ お ◇ 知 ◆ ら ◇ せ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆
   皆様から常田さんへのコメントや質問等を受け付けます。
   下記のメールアドレスにお送りください。お待ちしています。
    ★受け付けメールアドレス
      nf-funtoki@agrin.jp
  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ がんばる新規就農者の事例紹介 ┛┛┛
───────────────────────────────────
 今回は、山形市の奥山雄太(おくやま ゆうた)さんを紹介します。

 奥山さんは、山形県立農業大学校のオープンキャンパスで農大に興味を持ち、
野菜経営学科に進学しました。入学時は就農する気はありませんでしたが、担
任の先生から厳しくも丁寧な指導の中で、就農もいいかなと思うようになり、
さらに、研修先のセルリー農家の下で実際に作業を体験したことがきっかけで、
セルリー栽培の難しさ、面白さを知り、自分でもセルリーをつくってみたいと
思うようになりました。

★続きはこちら>>>  http://agrin.jp/page/25978/
                        【村山農業技術普及課】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 就農相談情報 ┛┛┛
───────────────────────────────────
●新規就農や農業への就職を検討されている方を対象に、「就農相談」を行って
 います。〜〜お気軽にどうぞ〜〜

 どこで:(公財)やまがた農業支援センター
     電話023-641-1117  FAX 023-624-6019
     山形市緑町1-9-30 緑町会館6階
 い つ:月曜日〜金曜日(祝祭日は除く) 時 間:9:00〜17:00
     *相談にお越しになる際は、事前に連絡をお願いします。

★詳しくはこちら>>> http://www.yamagata-nogyo-sc.or.jp/
              【公益財団法人やまがた農業支援センター】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 研修受入窓口 ┛┛┛
───────────────────────────────────
●就農に当たり、研修受講をご希望の方、ご相談ください!

 農林大学校では、新規就農支援研修、農業機械に関する研修、他産業に従事
しながら栽培技術の基礎を学ぶ夜間講座、農業経営のステップアップに向けた
研修等、豊富なメニューをご用意しております。お気軽にご相談ください。

 農林大学校研修部「緑風館」(農林大学校本館100m手前の八角形の建物です)
  所在地:〒996-0052 新庄市大字角沢1366
  電 話:0233-22-8794  FAX:0233-23-7537
  相談日:月曜日〜金曜日(祝祭日は除く) 時 間:8:30〜17:15
      *相談にお越しになる際は、事前に連絡をお願いします。

★詳しくはこちら>>> http://agrin.jp/menu/t/72/
                            【農林大学校】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ イベント・研修情報、お知らせ ┛┛┛
───────────────────────────────────
●令和元年度「農業機械安全操作研修」受講者募集

 農業機械の安全使用及び効率的使用を推進するために必要な、農業機械の点
検整備に関する基礎的な知識・技能の習得を図るための研修です。

 開催日及び研修内容は次のとおりです。
 第1回:6月27日(木)トラクター・管理機の点検、整備
             トラクターの耕うん実習
 第2回:9月 4日(水)刈払機、動力式噴霧機の操作法
             コンバインの点検・整備、操作法

★詳しくはこちら>>> http://agrin.jp/page/25957/
                            【農林大学校】


●「やまがた農業短期体験プログラム」で農作業を体験してみましょう!
 「本格的農業にチャレンジしたい」方のために、2〜3日みっちり農業や農
村を体験できる「やまがた農業短期体験プログラム(年間15日まで)」を実施
しています。
 長期研修に入る前に農業短期体験プログラムを行うと、様々な農業体験がで
き、あなたに合った農業を見つけることができます。

★詳しくはこちら>>>
   http://www.yamagata-nogyo-sc.or.jp/shinkisuno/takkitaiken
                    【やまがた農業支援センター】


●「新・農業人フェア」に出展予定です。〜山形県ブースに「きてけろ!」〜
 今年も「新・農業人フェア」が開催されます。やまがた農業支援センターで
は、東京開催の下記のフェアに出展予定です。
 ご来場の上、当センターブースにお立ち寄りいただき、山形県への扉を開き
ましょう!

 日時:令和元年7月27日(土) 10:00〜16:30
                 (受付は10:00〜16:00)
 場所:新宿NSビル NSイベントホール

★「新・農業人フェア」の詳しくはこちらから詳しくはこちら>>>
  http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/schedule/tokyo_expo01.html
                    【やまがた農業支援センター】


●「山形暮らし」はじめませんか?
 山形県へ移住をお考えの皆様へ「すまいる山形暮らし情報館」を山形県公式
ホームページ内に開設して情報をお知らせしています。

★詳しくはこちら>>>  https://yamagata-iju.jp/
                         【山形県 市町村課】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛┛┛ 編集後記 ┛┛┛
───────────────────────────────────
 5月から新元号「令和」がスタートしました。大型連休を利用して山形に観
光に来られた方もかなり多かったようですね。もうすぐ6月になりますが、間
もなくさくらんぼのシーズンが本格的に始まり、各地で様々なイベントも開か
れるようです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
 さて、農林大学校では、今月、新規就農を目指す研修生の第一回目の集合研
修や一般県民の方を対象とした園芸教室も開催されました。各教室とも熱心に
質問をしたり、情報交換をする様子も見受けられました。有意義な研修となる
よう、引き続き情報提供やサポートをして参りたいと思います。
 当メールマガジンでは、今年度も就農に関するいろいろな話題や情報を掲載
していきます。掲載情報に関するご要望やご意見がございましたら、お気軽に
お寄せ下さい。
                         【農林大学校A・A】

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◇配信中止・メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧はこちらから
 >>> http://agrin.jp/newfarmer/
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望はこちらまで
 >>> E-mail: newfarmer2007@agrin.jp
___________________________________

新規就農情報メールマガジン『山形で農業してみっべ!』
発行:山形県
編集:山形県立農林大学校(TEL 0233-22-8794)
E-mail: newfarmer2007@agrin.jp
___________________________________

 
記事検索:

ページの先頭へ